ホルモンバランスを整える効果


産後うつはマタニティブルーとも呼ばれ、日本のみならず世界中の女性が悩みを抱えています。

 

なぜ産後うつに陥るのか、一般的なうつ病との違いは何なのか、原因と対策をしっかり理解しておくことが大切です。

一般的なうつ病と産後うつの違い

まず、一般的なうつ病との違いですが、まず原因がしっかりしていることです。

 

通常うつ病は日常生活でのあらゆるストレスが合併症のように重なりあって、気力を奪ってしまう病気です。

 

 

原因を特定しようにもその糸口が見つからず、それが余計に苛々を募らせて精神を追い込んでいきます。

 

 

しかし、産後うつの場合の原因は明らかです。

 

新しい命を無事この世に誕生させたことによる脱力感と、それまで抱えたプレッシャーからの開放、同時に子どもを育てていかなければならないという将来への不安です。

 

 

将来への不安については何も子どもを産んだ人にだけ襲いかかるものではありません。

 

 

程度の差はあっても誰しもが多少の不安を抱えて毎日を生きています。

 

そう考えると、産後うつはやはり母体そのものの疲労と開放が大きな原因と言えます。

 

 

子どもを妊るというのは母体に言いようのないプレッシャーを与えます。

 

 

母親は常にお腹の中の赤ちゃんのことを意識し、自分のことは蔑ろにして小さな命を守りぬきます。

 

 

一つの体に二つの命が宿っている状態から、無事出産を終えて開放されたとき、突然女性は自分の体が自分のものだけになるのです。

 

 

それは開放感とともに何かしらの寂しさと、激変する体重などで、精神は乱れてしまうほうが通常と言ってしまっても良いでしょう。

 

 

特別なことではないということを理解した上で、おすすめの対策があります。

 

 

産後うつに対する酵素の効果を説明します。

 

酵素は人間の健康のあらゆる面をサポートする役目を担っています。

 

 

中でもホルモンバランスの生成に大きな効果が認められています。

 

 

産後の母体には酵素を多く含むドリンクや発酵食品などを積極的に摂るようにしましょう。

 

 

細胞が新しいものに生まれ変わっていくにつれ、本来の自分の体と精神を取り戻すことができます。