確認

妊娠中に増えた体重や崩れた体型が戻らないという人は、産後酵素ダイエットで置換え(ファスティング)するのがおすすめですが、置換えする際の注意とは何か正しく理解をしておくと良いでしょう。

 

 

まず一つ目は自分の体調と相談する事です。
小さい赤ちゃんを育児中の人は慢性的な睡眠不足やストレスにより些細なことで体調を崩しやすいため、体調が良い時期を見計らってファスティングをすることが大切です。特に母乳育児をしている人は体力の消耗が激しく、通常時よりも豊富なカロリーを必要としているため、産後酵素ダイエットは慎重に行いましょう。

 

 

最低でも一ヶ月健診を受けて母子ともに異常がないことを確認してから行うことが重要です。

 

 

二つ目は無理に食事の回数を減らすのではなく、間食をファスティングするのも有効だと覚えておくことです。
育児にはかなりのエネルギーを必要とするため、一日三回の食事をきちんと摂っていてもお腹がすきやすくなります。

 

 

このときに間食をするのではなく、酵素ドリンクなどを利用したファスティングを行えば空腹を抑えて、なおかつ身体に有効な栄養素を補うことが出来るため、産後酵素ダイエットと母子の健康維持を同時に望むことが出来るでしょう。