食事前に飲むだけでも

 

産後酵素ダイエットの正しいやり方は、普通の酵素ダイエットとは
ちょっと違います。

 

 

妊娠・出産という人生の一大イベントを終えて気付いたら太っていた。

 

きれいなお母さんになりたいと、産後にダイエットをされる女性は多いです。

 

 

母乳育児で何もしないでも痩せる方もおられますが、残念ながらそうでない方が多い。

 

 

ダイエットするにしても産後180日以内がタイムリミットですし。

 

 

そうなると育児や母乳で栄養が必要なのに
痩せるために食事制限や運動など何らかの無理なダイエット法を選びがち。

 

 

これは
痩せられるかもしれませんが
赤ちゃんにとっては良いことではありませんよね?

 

産後の無理なダイエットは母乳への影響も大きいです。

 

 

そこで人気なダイエット法が酵素ダイエット。

 

 

その産後酵素ダイエットの正しいやり方(ルール)を説明します。

 


まず用意するのは酵素ドリンクです。

 

市販のものでもいいですし、自分で作っても構いません。
糖分が追加されていない方が母乳に安心です。

 

編集部でオススメしているのは、産後ダイエットに向けられているベルタ酵素ドリンクです。

 

甘味料がイソマルオリゴ糖という点が特徴的。

 

イソマルオリゴ糖は

  • カロリーが非常に低い
  • 少量でも腸の善玉菌を増やす整腸作用がある
  • 免疫力向上
  • アレルギー緩和
効果が確認されています。

 

 

 

これを普段の食事のうちの1食、
例えば朝食に置き換えるだけと
とても簡単です。

 

 

たったこれだけでうまくいくと1ヶ月で5キロほどの減量に成功する方も。

 

 

ただ、産後は育児で大変です。

 

赤ちゃんは昼夜の区別なく泣くのでその世話をするのにかなり体力を使いますし、母乳育児の場合はなおさら疲れます。

 

 

朝食を酵素ドリンクに置き換えて
それで日常生活に支障をきたさないならいいですが、無理なようでしたらおやつの代わりに酵素ドリンクでもいいでしょう。

 

 

酵素は基礎代謝をUPするとされていますので
デリケートな時期では食事前に飲むだけでも良いとされています。

 

 

いつもの3食は通常通りに食べて、それ以外に食べている間食の代わりに酵素ドリンクを飲む方法でも良いでしょう。

 

 

酵素は赤ちゃんにも大切な成分です。

 

痩せるペースは遅くなるかもですが、赤ちゃんの将来のためにと考えれば焦りも収まりそうです。

 

 


酵素ドリンクを炭酸で割れば美味しいジュースになりますし、ヨーグルトや牛乳に混ぜて食べると美味しいですし、育児中に必要な栄養がしっかり摂れるので一石二鳥です。

 

 

産後酵素ダイエットは通常の酵素ダイエットと違って無理をしてはいけません。

 

 

育児という大事な役目があるので、その妨げにならないようなマイルドなダイエットをすることです。

 

 

産後酵素ダイエットは1食置き換えが基本ですが、
それで我慢できずにストレスをためてはいけませんし、母乳の出が悪くなっては大変です。

 

 

1ヶ月で5キロ減が目標ですが、そんなに急に痩せなくてもいいのです。

 

 

1ヶ月1キロずつでもそれが6か月なら6キロの減量になるのです。

 

 

産後酵素ダイエットは地道にコツコツとストレスをためずに行うのがベストです。

 

 

痩せるイメージではなく、太らない事をイメージすることが成功のカギです。

 

 

あせらず、健康的にキレイを目指せるのが酵素ダイエットの最大のメリットですから。