カギは基礎代謝との相性?


出産という大事業を終えた、産後の女性の心配はウエスト周りやスタイルが妊娠前の状態に戻すことができるかどうかということです。

 

 

妊娠中は日々大きくなるお腹のなかの赤ちゃんと、胎児とお母さんをつなぐ胎盤、そして血液の量も増えますので4キロから15キロほど体重が増加する方もいます。

 

 

妊娠中はあまり激しい運動ができないことや、赤ちゃんのためにしっかり栄養を摂取しなくてはならないため、それに伴ってウエスト周りやヒップ等に脂肪がつき体重が増加してしまうのです。

 

 

産後はこうした妊娠中に増加した体重を減らす絶好のチャンスですが、授乳をしている方は食事量を減らすことはできませんし、新生児の育児は体力勝負ですので、食事制限をせずに行うダイエットが望ましいと言えます。

 

 

そこで多くの女性に選ばれているのが産後の骨盤ダイエットですが同時に取り入れたいと酵素の相性を説明します。

 

 

今回は酵素痩せの概要説明は省きますが、酵素を摂取することで食事制限をすることなく、体重の増加をなくし体にとって不要な老廃物や水分を代謝することができます。

 

 

産後の女性は日々の赤ちゃんのお世話で運動不足になりがちで水分代謝も低下しますので、酵素の摂取により産後のむくみやすい体質を改善することができます。

 

 

また妊娠中に大切な赤ちゃんを包み込んでいた胎盤は産後も開いたままになってしまうケースがあり、代謝が低下して冷え性の原因になったり脂肪が燃焼しにくい体になってしまうのです。

 

 

そこで骨盤ベルトやストレッチを行う骨盤ダイエットで骨盤を閉じることで、開いていた骨盤が閉じて代謝をアップさせることができます。

 

 

激しい運動ができない産後の女性でも毎日少しずつできる骨盤ダイエットは、骨盤を本来の位置に引き戻し、代謝の良い体つくりを気軽に行うことができるのです。

 

 

骨盤ダイエットと酵素を使ったダイエットを併用することでより効果的に、安全に体型を元に戻すことができるのです。